奥獅子吼山(リトライ)その2

Untitled (by tracye_)
月惜峠からしばらく歩くと、森の中から急に視界が開けて下界が見渡せるようになります。4月に登った時も通った道。ちょっと違うのは、緑が多くなっていることでしょうか。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
田んぼには水が張られているようで、青空が反射して綺麗です。


Untitled (by tracye_)
Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)
標識にしたがって進んで行くと、いったん一般道におります。道路を横断してすぐにまた登山道へ。
駐車スペースもあるので、楽したいならここに車を置いても登れそうです。


4月に登ったときはこの辺から雪が残っていましたが、このときはもうありません。雪解け水でドロドロになっていた道もカラカラに乾いていて、非常に歩きやすかったです。


Untitled (by tracye_)
前は雪の下にあったであろうカタクリの花が一斉に咲いていました。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
本当に見事な群生です。このあと頂上付近まで点々と咲き続けていました。
実は月惜峠付近にもポツポツと咲いていたのですが、ほとんどが盛りの過ぎた花でした。標高の低い所から順番に咲いているようです。


Untitled (by tracye_)
「ほーーーーほけきょ!」と鳴き声がしたので上を見ると、ウグイスがとまっていました。ウグイスはいつも「鳴き声すれど姿は見えず」な鳥だったので、見れて感激。ちょっと小さいですけどこれで目一杯ズームしてます。
さらに近づくと「けきょけきょけきょ!!」と警戒の鳴き声をあげて飛んでいきました。


Untitled (by tracye_)
山頂まであと20分。


Untitled (by tracye_)
樹々の奥に山頂を確認。このあと一端下ってからまた登り返します。


Untitled (by tracye_)
山頂に到着!標高928m。
ちなみに到着時刻は12時半。だいたい3時間半くらいかかったようです。私は写真を撮りながら登ってたので、普通だったら3時間以内に着けるかも。


Untitled (by tracye_)
山頂から海側を見てみました。天気はいいんですが、霞んでしまって遠くの方がよく見えないです。
それにしてもやたら広い山頂。山肌が見えてハゲ山のようになってます。なんか意図的に樹を刈り取ったような感じです。


Untitled (by tracye_)
こちらは白山方面。やはり白山も霞んでます。


Untitled (by tracye_)
うーん・・・。
でもやっぱりまだ雪が沢山残っているようですね。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
山頂によくある円形の表示盤ではなく、360°写真の案内板が立ってました。写真になってるのでなかなか分かり易い。
樹が邪魔して360°の景色を見ることは出来ませんでした。


景色はイマイチでしたが、山頂に座ってお昼ゴハン。いつものごとくオニギリ。でもやっぱり米が一番だわ。


Untitled (by tracye_)
お昼ゴハンを食べた後、ゆるゆると下山開始。途中のカタクリの群生に癒されながら歩きました。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
花のまわりではクロマルハナバチをよく見かけました。体が重いので花がぶらんぶらん激しく動きますw


これからは花や虫がどんどん多くなってくるので、写真撮るのも忙しくなりそう。登山との両立が出来るか心配です(^-^;

奥獅子吼山(リトライ)その1

前回、時間の都合で登れなかった奥獅子吼山に再度挑戦してきました。
まだGWの余韻が残る、5月8日のことです。
前回はゴンドラを使って、一気に中継地点のスカイ獅子吼まで登ってしまったのですが、今回はもちろん最初から徒歩で頑張ります。


Untitled (by tracye_)
Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)
ゴンドラ乗り場の駐車場に車を止めて、歩き出しました。登山口はゴンドラ駅の下をくぐって行きます。
歩き始めた時間は8時45分くらい。長くても片道3時間として、これならもう余裕のよっちゃんですよ( ̄∇ ̄) 登れたも同然。
雲ひとつない快晴のお天気で、気分も高まります。


Untitled (by tracye_)
初めはパーク獅子吼の公園内を歩いて行きます。


Untitled (by tracye_)
Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)
道沿いにはシャガがいっぱい咲いてました。
この花を見るたびに思うのですが、色使いがすごく奇抜だと思いませんか?「白+青+黄」って。公園の日陰なんかによく咲いてたりしますが、ひっそり咲いてる割に目立とうとしてるような気が・・・。
あと、なんかいつも「ガンダムみたいだよなぁ」って思ってしまいますw 名前もロボットっぽいし。


Untitled (by tracye_)
公園の道を山に向って進んでいると、すぐに川の堰堤につきあたります。いったん橋を渡り、堰堤の右端から登山道が続いています。
しばらくは杉の植林地の中を大きく九十九折りに登っていきます。


Untitled (by tracye_)
登山口には「クマに注意」の看板がありました。(写真は別の場所ですが。)今回は熊鈴持参です。ショルダーハーネスにくくりつけてあります。普通に歩いててチリンチリンなりますが、恐くなったら(茂みがガサガサ揺れたりとか)手に持ってマラカスのようにフリフリします。
野生動物には会えなくなるかもしれないですが、やっぱりちょっとでもリスクは減らしたい。(看板には「大きな声で歌おう」と書いてありますが、人がいたらちょっと恥ずかしいです。)


Untitled (by tracye_)
杉の木を見上げてみました。
なんか植林地は整然としすぎていて味気なく感じます。最初はズラリと並んだ杉の木だけでも感動してた記憶がありますが、今は色んな樹が生い茂る自然林のほうが好きです。


Untitled (by tracye_)
しばらく登ると、樹々に広葉樹が混じってくるようになりました。
そうそう、こういう感じ♪うっそうと茂っているような緑を見る(撮る)のが好きです。


Untitled (by tracye_)
倒木にはコケがびっしりはえていたりとか。


Untitled (by tracye_)
足下にはシダ植物がわさわさと茂っていたり。


Untitled (by tracye_)
上を見れば緑の葉っぱが太陽にきらめいて美しい。


ほんと、森の中を歩くとすごく癒されてしまう。
実際、科学的に見ても森林浴は良いって聞きます。樹々が出しているフィトンチッドという殺菌力を持つ揮発性物質が、癒しや安らぎを与えてくれるそうです。マイナスイオンはニセ科学ですが、こっちはホンモノだよ。(その昔、妄想科学日報さんのニセ科学記事を読んで衝撃を受けました。今まで信じてたのに・・・!?)


森の中には花も沢山咲いていました。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
最初によく見かけたのはスミレ。
登山道横の斜面にわーっと群生していてとても綺麗でした。1つの花はとても小さいのですが、それがいっぱい集まって咲いているのです。


Untitled (by tracye_)
次にイカリソウ。船のイカリのような形をしているのでイカリソウです。
なんか形が変なのであまり好きな花じゃなかったんですが、沢山咲いてるとそれなりに綺麗でした。ちょっと見直しましたw


Untitled (by tracye_)
これは1つしか見れなかったのですが、キケマンという花。エンゴサク系の花なんですが、ムラサキケマンの黄色バージョンといったところ。
一輪だけなのに、やたら存在感のある花でした。


Untitled (by tracye_)
登山口から1時間半ほどで、月惜峠に到着。ここでいったん小休止。


Untitled (by tracye_)
峠に立ててある手書きの看板。奥獅子吼山まで片道2〜3時間。


Untitled (by tracye_)
再び森の中をずんずん進んで行きます。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
峠から少し歩いた所にツツジが咲いてました。野生のツツジ見るのは初めてかも。
よく公園とか道路脇とかに植えられていますよね。そういうところのはちゃんと枝が剪定されていてますが、もちろん野生なので枝伸び放題。
でも何故だかこっちの方が綺麗に見えるから不思議。


月惜峠からはカタクリロードに突入してたのですが、そこら辺のカタクリはもう終わってしまっていました。しおれた花が沢山。でも、前回雪が積もっていた上の方では、まだまだ見頃のカタクリがごっそり残っていたのであります。
でも、続きは次回・・・。

獅子吼高原(後高山・奥獅子吼山)(2)

Untitled (by tracye_)
道が分からないということで、ちょっとズルをしてゴンドラで一気に山頂まで登ってきました。「ラクチンだなぁ」と思う反面すごく悔しかったです。やっぱり自分の足で登りたい。。。でも後高山から奥獅子吼山までは歩けるので、それで我慢するしかないと思っていました。しかし・・・ここでもちょっと予定が変わってきてしまいました(^-^;


Untitled (by tracye_)
天気がいいので日本海まで見渡せます。手前の川は手取川


Untitled (by tracye_)
鳥越、白峰方面。こっちに行くとだんだん山深くなっていきます。こうやって見てみると、とても海と山が近いんですね。
ちなみに写真手前の芝生のようなところは、ハングライダー、パラグライダーのテイクオフポイント。風向きの関係?なのかこの日は誰も飛んでませんでしたが、天気のいい日はカラフルなパラグライダーが沢山飛んでいます。飛び立つ瞬間が見たかった。


Untitled (by tracye_)
最高の景色を見ながら昼食。天気はいいけど意外と風が冷たくて、ダウンジャケットを着込みました(^-^;


高原にある小さなゲレンデを下り、奥獅子吼山の登山道に入ります。
なんと歩きやすい道だこと!最初の荒れ果てた登山道とは天と地の差でした。こっちの方が歩く人から多いんでしょうかね。
また、登山道沿いにはカタクリを筆頭に沢山の花が咲き誇っておりました。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
この辺はカタクリロードというらしく(そのまんまですが)、道に沿ってカタクリが沢山咲いています。
見頃な花もあればしぼんだ花もあり、咲き方にばらつきはあるんですが、まだツボミ状態の花もあったので段階的に咲いていってる感じなのでしょう。もう少し後になっても楽しめそうです。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
1カ所だけでしたがキクザキイチゲも咲いていました。水色の花は初めて見ました。


Untitled (by tracye_)
最近お気に入りな花、ジロボウエンゴサク。最近まで見たことなかった花だったんですが、注意してみてると結構どこにでも咲いてますね。


Untitled (by tracye_)
キジムシロ??だと思うのですが。似てる花が多くてなかなか判別が難しいです(^-^;


Untitled (by tracye_)
しばらく歩くと最初の分岐、月惜峠に到着。
案内板によれば、奥獅子吼山まで片道2〜3時間のようです・・・。この時点で13時なので時間的にちょっと厳しいかもしれませんが、とりあえず行けるところまで行ってみる事にしました。


Untitled (by tracye_)
月惜峠からは小さなアップダウンを繰り返しながら尾根伝いに歩いて行きます。たまに視界が大きく開ける事があって、とても気持ちのよい道です。あいかわらず足下にはカタクリが点々と咲き続けていました。


Untitled (by tracye_)
暖かくなってきたとはいえ山の緑はまだまだな感じで、冬の印象を残していました。


Untitled (by tracye_)
折れた杉の木。雪の重みでしょうか。でもこんな折れ方をするなんて、よほどの重みだったんでしょうね。


登るにつれてだんだんと残雪が目立つようになってきました。最初は歩きやすかった道でしたが、雪解け水が流れ出し、登山道のぬかるみもひどくなるいっぽう。あちこちに水たまりが出来ています。さらに、雪の重みで倒れ込んだ木の枝が行く手を阻みます。ヤブこぎまではいかないですが、かなりうっとおしい。軟雪に足を取られ、体力も削られます。次第と息も上がってきました。(この辺から写真撮る気も無くなりましたw)
ある程度登ったところで、目指す奥獅子吼山が見えてきました。が、看板には「頑張れ!あと80分」の文字。結構登ったと思ったのにあと80分て・・・。ちょっと嫌になってきました(笑)時間的にもギリギリ。このまま登ったとしても下山してる途中で日が落ちそうです。
頂上を見上げ、「頑張らない!!」とつぶやいて、来た道を引き返しました(笑)


最初の登山道から登れさえしていればこんな事にはならなかったはずですが、まぁ後悔しても仕方がないですよね(^-^; 今回はカタクリやその他綺麗な花が見れただけでも良かったと思う事にします。近いからまたすぐに来れるんだし。


Untitled (by tracye_)
ところで、最初の登山道で踏み後を探しているときに、運良くコゴミの群生を見つける事が出来たので少し摘んできました。こういうこともあろうかとビニール袋持参でした。


Untitled (by tracye_)
持ち帰ったコゴミは茹でてからマヨネーズにつけて食べました。天ぷらも好きですが、これが一番調理が簡単で美味しいです。


ゼンマイも少し採ったのですがアク抜きがめんどうなので、調理はしませんでした。
またギョウジャニンニクだと思って採ってきた山菜もあったのですが・・・


Untitled (by tracye_)
調べてみてびっくり!コバイケイソウという毒草でした(^-^;あぶないですねぇ。まぁこれは確信が持てなかったので、図鑑で調べるためだけに少量しか採ってきてなかったですけど。
山菜はキノコと違って毒のあるものが少ないと思っていたんですが、それは誤解だったようで、図鑑を見てみると毒草がかなりあるようです。またキノコのように、可食の山菜と見分けがつかないものもあるようで(ニリンソウトリカブトなど)、注意しないといけません。正確に判別出来ないものは食べない方が懸命ですねこれは(^-^;