読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫川源流で水と森に癒される


今更ながら、お盆休み旅行3日目のことです。
(写真は白馬岩岳で出会ったヤギ)



実は最終日の予定はノープラン。私は14時発の特急「ワイドビューしなの」に乗って名古屋に帰らなければならないので、それまで時間があります。
とりあえず、白馬駅で帰りの電車のチケットを買いました。


あまり遠くにも行けないので、近場でなにかいい所はないかと探した所、ガイドブックに載っていた「姫川源流」の文字と「梅花藻」の写真。なんだか涼しげでいい感じ。
そんなに遠くはないので、行ってみることにしました。

姫川源流とは読んで字のごとく「姫川の源流地点」のこと。姫川はここの湧水からはじまり、日本海へと続いています。



林の中の遊歩道を歩いてゆくと綺麗な小川が。ここらへんが姫川の始まり。
特に「ここが湧いてるとこだよ!!最初のとこだよ!!」という標識も無かったので、どっから水が湧き出ているのかは不明ですが。



でもとにかく水が綺麗。



梅花藻は盛りを過ぎた感じであんまり綺麗じゃなかったです。
水が綺麗!(しつこい)
でもこの綺麗な水を見ていると、喉が渇いてくるのは私だけではないはず。(そして麦茶を一気飲み)



草むらにうずくまっているハグレかぶと虫を見つけました。やけに角が小さいので、いじめられて泣いていたのかもしれない(と思うほど隅っこの草むらにいた。)
角が小さくても野生のかぶと虫を見るのは久しぶりなのでやたらはしゃいでしまった。



林の中を歩いていると、とても癒されている気分になります。



林を抜けると広い田園地帯に出ました。気持ちのいい空。(でもとても暑いです。)



白馬に引き続き、ここにもアジサイが咲いていました。全体的に見頃は過ぎた感じですが、形のいいやつを選んで撮ってみました。
花の中でもアジサイが好きです。今から6月が待ち遠しいくらい。なんでだろう、このモコモコした感じがいいのかもしれない。



源流のそばにある親海湿原も散策。特に何も無い、草がぼーぼーにはえた湿原でした(汗)



いい感じでお昼になったので、近くの蕎麦屋で冷たいきのこそばを戴きました。


白馬の旅はこんな感じで終了。
初日と2日目に比べて最終日はなんとなく薄い内容でしたが、ノープランな割には良い方だったかなと思います。
GWに続いての白馬でしたが、違う季節にまた行きたいですねー。白馬通になってしまうかもしれない。