読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥獅子吼山(リトライ)その1

前回、時間の都合で登れなかった奥獅子吼山に再度挑戦してきました。
まだGWの余韻が残る、5月8日のことです。
前回はゴンドラを使って、一気に中継地点のスカイ獅子吼まで登ってしまったのですが、今回はもちろん最初から徒歩で頑張ります。


Untitled (by tracye_)
Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)
ゴンドラ乗り場の駐車場に車を止めて、歩き出しました。登山口はゴンドラ駅の下をくぐって行きます。
歩き始めた時間は8時45分くらい。長くても片道3時間として、これならもう余裕のよっちゃんですよ( ̄∇ ̄) 登れたも同然。
雲ひとつない快晴のお天気で、気分も高まります。


Untitled (by tracye_)
初めはパーク獅子吼の公園内を歩いて行きます。


Untitled (by tracye_)
Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)
道沿いにはシャガがいっぱい咲いてました。
この花を見るたびに思うのですが、色使いがすごく奇抜だと思いませんか?「白+青+黄」って。公園の日陰なんかによく咲いてたりしますが、ひっそり咲いてる割に目立とうとしてるような気が・・・。
あと、なんかいつも「ガンダムみたいだよなぁ」って思ってしまいますw 名前もロボットっぽいし。


Untitled (by tracye_)
公園の道を山に向って進んでいると、すぐに川の堰堤につきあたります。いったん橋を渡り、堰堤の右端から登山道が続いています。
しばらくは杉の植林地の中を大きく九十九折りに登っていきます。


Untitled (by tracye_)
登山口には「クマに注意」の看板がありました。(写真は別の場所ですが。)今回は熊鈴持参です。ショルダーハーネスにくくりつけてあります。普通に歩いててチリンチリンなりますが、恐くなったら(茂みがガサガサ揺れたりとか)手に持ってマラカスのようにフリフリします。
野生動物には会えなくなるかもしれないですが、やっぱりちょっとでもリスクは減らしたい。(看板には「大きな声で歌おう」と書いてありますが、人がいたらちょっと恥ずかしいです。)


Untitled (by tracye_)
杉の木を見上げてみました。
なんか植林地は整然としすぎていて味気なく感じます。最初はズラリと並んだ杉の木だけでも感動してた記憶がありますが、今は色んな樹が生い茂る自然林のほうが好きです。


Untitled (by tracye_)
しばらく登ると、樹々に広葉樹が混じってくるようになりました。
そうそう、こういう感じ♪うっそうと茂っているような緑を見る(撮る)のが好きです。


Untitled (by tracye_)
倒木にはコケがびっしりはえていたりとか。


Untitled (by tracye_)
足下にはシダ植物がわさわさと茂っていたり。


Untitled (by tracye_)
上を見れば緑の葉っぱが太陽にきらめいて美しい。


ほんと、森の中を歩くとすごく癒されてしまう。
実際、科学的に見ても森林浴は良いって聞きます。樹々が出しているフィトンチッドという殺菌力を持つ揮発性物質が、癒しや安らぎを与えてくれるそうです。マイナスイオンはニセ科学ですが、こっちはホンモノだよ。(その昔、妄想科学日報さんのニセ科学記事を読んで衝撃を受けました。今まで信じてたのに・・・!?)


森の中には花も沢山咲いていました。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
最初によく見かけたのはスミレ。
登山道横の斜面にわーっと群生していてとても綺麗でした。1つの花はとても小さいのですが、それがいっぱい集まって咲いているのです。


Untitled (by tracye_)
次にイカリソウ。船のイカリのような形をしているのでイカリソウです。
なんか形が変なのであまり好きな花じゃなかったんですが、沢山咲いてるとそれなりに綺麗でした。ちょっと見直しましたw


Untitled (by tracye_)
これは1つしか見れなかったのですが、キケマンという花。エンゴサク系の花なんですが、ムラサキケマンの黄色バージョンといったところ。
一輪だけなのに、やたら存在感のある花でした。


Untitled (by tracye_)
登山口から1時間半ほどで、月惜峠に到着。ここでいったん小休止。


Untitled (by tracye_)
峠に立ててある手書きの看板。奥獅子吼山まで片道2〜3時間。


Untitled (by tracye_)
再び森の中をずんずん進んで行きます。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
峠から少し歩いた所にツツジが咲いてました。野生のツツジ見るのは初めてかも。
よく公園とか道路脇とかに植えられていますよね。そういうところのはちゃんと枝が剪定されていてますが、もちろん野生なので枝伸び放題。
でも何故だかこっちの方が綺麗に見えるから不思議。


月惜峠からはカタクリロードに突入してたのですが、そこら辺のカタクリはもう終わってしまっていました。しおれた花が沢山。でも、前回雪が積もっていた上の方では、まだまだ見頃のカタクリがごっそり残っていたのであります。
でも、続きは次回・・・。