読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晩夏の渓へ


禁漁まであと一ヶ月。今年7月から始めた渓流釣りですが、なんか「もう終わりかぁ」とちょっと寂しい気持ちになります。もっと早く渓流の楽しさに気がついていれば・・・。
まぁこんなこと悔やんでも仕方がないので、今日も釣りに行ってきました。まだ一ヶ月あるんやしー。


自宅から車で30分。着いたのは手取川水系のとある支流。いつもの川です。
数日前に大雨が降った金沢ですが、もうすっかり濁りも取れて水量も通常に戻っています。少なくもなく、多くもなく。
今日はお昼からの釣行。釣り場に着いたのが12時すぎ。昼ごはんのオニギリをもぐもぐと食べて、いざ出陣。
気温30度。雲の間から太陽がカッと照らす陽気ですが、私は半袖の上にレインウェアを着用、首にはタオル、手にはグローブ・・・。これがアブに刺されない為の自己防衛手段なのです。カバンの中には頭から被る防虫ネットも用意してあります。
暑そうに思えますが、ウェットウェーディングで下半身はひんやりなので、意外と暑くなかったりします。



釣り開始からものの数分で1匹目がヒット!25cmのイワナ


瀬の中から出てきました。あまりポイントを定めずにトレースしたので「釣れちゃった」感がする1匹でした(^_^;) でも幸先いいスタート。


でも、その後しばらくアタリは無く・・・。確実にいるであろうポイントを叩いても、お返事無し。

しばらくして、ようやくヒット。木陰になってる石裏からチェイスしてきました。
やはり暑い日中は涼しい所がお好みか。


その後すぐに浅い瀬の中で小さなヤマメがヒットしてからは、またまたアタリが遠のき・・・。鉄板ポイントの堰堤下でも反応無し。今日はヤル気の無い魚ばっかりかな・・・。
ふと堰堤の上を見ると、側道に車が・・・。「もしや先行者・・・。」
この川は川沿いに道がついてるので、いくつか川に降りられるようになってる所があるのです。堰堤上から釣り上がってる先行者がいる可能性が出てきました。「今日はもう駄目かなぁ」と思いながら堰堤を高巻きして川に出ると、側道に止まっていた車が見当たりません。「もしかして釣り人じゃなかったのか???」確認は出来ませんでしたが、気を取り直して釣り再開。「もしかして激渋かも」と心に念を押しました(笑)



時折イワナとおぼわしき魚のチェイスが数回ありました。ヒットこそしないものの、ヤル気のある奴がいる様子。激渋撤回。



堰堤上からだいぶ釣り上がって、ようやくヤマメがヒット。小さいけど嬉しい一匹。流れの緩やかな所をロングキャストしてしつこくトゥイッチして食わせました。



小さいけど体高があってかっこいいです。



ありがとねー。




ヤマメを釣った所から10mほど釣り上がった所のポイント。
左奥にある2つの岩の間、白泡をたてて強く流れ込んでいる水が反転流となって渦になっています。これは横から撮った写真ですが、私は下流側からアップストリームでこの反転流めがけてルアーをキャスト。着水後、チョンチョンとトゥイッチ。反転流からルアーが抜けて、バランスを崩した瞬間、ググッ!とした重みが乗りました。最初は根がかりかと思いましたが、向こうからぐいぐい引っ張る重みがロッドに伝わってきます。弓なりにしなるロッド。「これは・・・でかい・・・!」
流れに乗って下流側に走り始めたので、慎重にラインテンションを保ちながら私も下流へゆっくりと降りていきます。魚が暴れるたびにジジッ!ジジジッ!とドラグの鳴る音がしました。魚体が寄ってきたので口元を確認。針がかりはバッチリの様子。それにしても浮かんできた魚体の背中が異様に黒くて不気味です。
ランディングはネットを使わず、岸にズリ上げました。



どん!



メジャーを当てると34cm。尺越え!!!!
とにかく太いです。極太です。丸太のようです。
心臓がバクバクいってました・・・。(そして写真撮影が大変でした・・・大暴れするので・・・)



魚をリリースした後は達成感でいっぱいでした。もう帰ってもいいくらい。でもまだ時間はあったので、「釣れなくてもいーや」くらいの気軽な気持ちで釣り上がることにしました。



夕暮れも近づいてきたせいなのか、魚たちの活性が上がってきたようで頻繁にチェイスがありました。
なんと、↑この写真の奥に見える、流れの緩やかな所で3連続ヒット。





同じポイントから3匹なんて今までにありませんでした。餌釣りやテンカラならいざ知らず、ルアーって場荒れしやすいですからね。何度もキャストすると大抵スレちゃうものですが。それほど魚の活性が高かったってことでしょうか。
それにしても、こうやって見ると3匹とも模様が微妙に違いますね。特に真ん中の魚は色の濃淡や斑点の付き方がとても綺麗です。



その後しばらく釣り上がり、イワナを1匹追加。この落ち込み付近で退渓となりました。またこのあたりからアブの数が多くなり、体の周りを数十匹がブンブン飛び回っていました。手を何箇所か刺されました。*1やはり夕方は多くなってきます。
ちなみに、この落ち込みにもイワナが数匹ついていて、ミノーを引いてくると3匹くらいが一度にチェイスしてきました(^_^;)残念ながらヒットには至りませんでしたけど。


さて、今日の釣果はイワナが7匹、ヤマメが2匹でした。数はまぁまぁですが、なにより尺上のイワナを釣り上げることができたので、それだけで満足です。

*1:グローブしててもお構いなしに刺してきます(-_-;)