読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初夏の渓へ

北陸は最近ようやく梅雨入りして、まとまった雨が降りました。 これまで半月以上雨が降っていなかったので、どこの川も渇水気味の状態。 支流で取水堰堤があれば、それより下流では貧弱な流れのことが多く、必然的に上流域への釣行が多くなっていました。

Untitled

上流・源流域でのフライフィッシングも楽しいのですが、今回は楽に行きたいと思い、この時期でも比較的水量のまともな川の中流域を選んで入ってみました。

Untitled

気温は30度いかないくらい。半袖で過ごすのが丁度いい気温でした。

入渓も楽で藪こぎも無いですし、アブやブヨなどの吸血昆虫も飛んでいないようす。久しぶりに半袖で釣りをしました。

半袖になれるのはあとひと月くらいだろうか・・・。夏になると、アブが大量発生するので肌を出していると危険です・・・。

Untitled

Untitled

Untitled

結果として、ピーコックパラシュートやアントなど、テレストリアル系のフライを中心にコンスタントに釣ることが出来、楽しめました。サイズもまぁまぁで、25cm前後が多かったです。

Untitled

 精悍な顔つき。

Untitled

綺麗な斑点模様。

イワナは同じ川でも魚体の模様に個性があって面白いです。

実は最近の釣りは好調なことが多いです。それはたまたまいい状況の川に入ったからだと思っていたのですが、少なからず腕の上達もあるんではないかなぁ、と思います。

この区間で釣りをするのは去年以来だったのですが、過去に釣りをしたときはこんなに釣れなかったと思います。

キャストとかラインの置き方とかもそうですが、特に上達してるのは「ポイント選び」と「ポイントを見切る速さ」ではないかと思います。

Untitled

あと、実は先月ロッドを新調しました。

ティムコのユーフレックスインファンテ763-4です。

それまでティムコのスターターキット(803-2)のロッドを使っていて特に不満はなかったのですが、レベルアップの意味も含めて、新しくしてみました。

前のロッドと比べて長さが少し短くなったので、ラインの重みを感じにくく、最初は少し戸惑いましたが、使っていくうちに慣れてきました。

もうちょっと柔らかい調子をイメージしていたんですが、意外と張りがあってラインスピードを稼げる感じです。前の竿よりも正確にポイントを打っていける感じがしますね。

テンポよく打っていけるって楽しいです。