読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のあとの渓流へ

先週の土曜日のこと。前日までまとまった雨が降っており、土曜日もどんより曇り空で今にも泣き出しそうな空・・・。雨が降った後でも水量が安定してそうな川に狙いを定め、自宅から車を走らせること30分・・・。

Untitled

予想通り、適度な増水。濁りもほとんど無し。この川はちょっとやそっとの雨では大増水となりません。なので雨の日はだいたいこの川に来ることにしています。

これなら流下してくるエサも多くなってることだろうし、魚の活性も高くなってるかなぁ・・・と期待しながら入渓しました。 

Untitled

Untitled

Untitled

 幸先良く、プールでライズしていたイワナを連続キャッチ。

「これは期待できそう」とさらに釣り上がりますが・・・・釣れてくるのはチビばかり。

また、先ほどのプールではライズを繰り返していましたが、その他のポイントでは水面のフライに反応が薄いような感覚。ぽつ・・・ぽつ・・・とは釣れるんですけど。ちょっと前なら必ず魚が出たようなポイントから反応が得られず、「なんか、おかしいなぁ・・・」と思いながら釣り上がります。

これは後から思ったのですが、増水で水中の流下物が増えて、魚が水面をあまり見ていなかった・・・・みたいなことはありますかねぇ(^_^;)??

Untitled

Untitled

 

結局退渓点まで小さいイワナばかりでした。なんだか期待した結果にならず、どっと疲れた気がします。いつデカイのがかかるか!!と思ってたので・・・(^_^;)

まぁ、釣れ方に納得はいきませんでしたが、小さいながらそこそこ数は釣れたので、良しとしときます。

 

で、退渓してからのことなんですが、川沿いの農道を歩いていると、前方の木になにか白いものが点々とついています。

Untitled

遠目からは「何かの花・・・?いやでも花が咲くような木じゃないだろう・・・」と、不思議に思いながら近づいていくと、その正体がわかりました。

Untitled

なんと、モリアオガエルの卵塊!!

Untitled

 なんとよくもまぁ、こんな高いところに卵を産みつけたものです(^_^;)高さは5m以上あったかと思います。

カエルがこんな高さまで木登りするなんて、しかもあんな枝の先端に・・・。想像するとかなり奇妙な光景です。

ちょっとグロテスクなので載せませんが、泡の中には白いタマゴがびっしりと詰まっていました。(上の写真だけで十分グロテスクかもしれませんけど)泡に包まれているんですが、すこしネバネバした感じがしました。重みに耐え切れずにベチャッと地面に落ちてる卵塊もありました。

木の下に立って上を見上げると、ちょっとホラーな感じがしました。まるでエイリアンの卵、みたいな(^_^;)

釣りの後で面白いものを見ることができました。自然の中で遊んでると、色んなことがありますねぇ(^_^)

(あ、そういえばカモシカに後ろから突進されたのもこの川ですよ(笑)→背後から・・・