読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斑尾山

GW初日。飯山で菜の花を見た後は、その日のお宿がある斑尾高原へ向かいました。
斑尾高原といえば斑尾スキー場やタングラムスキーサーカスが有名ですが、現在スキー場はやっておりません。オフシーズン。そのせいか、お客さんもあまりいないようで、ペンション村なのに若干の廃墟感が漂っていました。ま、そのおかげでGWの3日前なのに余裕で予約が取れたわけですけど・・・。どの宿もガラガラで、選び放題でした。
Untitled (by tracye_)
お世話になったのはこちらのフジオペンションさん。(http://www.avis.ne.jp/~ondemand/fujio/


Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)

Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)
宿に着いて早々ひとっ風呂あびて、リビングのソファーでのんびりしました。標高1000mの高地ということもあって、窓からはひんやりとした風が入り込んできていました。BGMにはジャズなんかが流れてきたりして、とてもいい雰囲気。お客さんも少ないので、自由気ままに過ごせました。(いつのまにかソファーで寝ていたw)


Untitled (by tracye_)
翌日は朝から斑尾山登山。登山口は宿から車で5分のところ。斑尾スキー場の駐車場に車を止めました。
見える斜面はほとんどがゲレンデ。バリカンで刈られたハゲ山みたいになってて、あまりテンションの上がらない山容です。


Untitled (by tracye_)
歩き初めもゲレンデを登っていきます。ほぼ直登なので、ジグザグに登っていきます。道なんてあって無いようなものです。


あ、ちなみに今回歩くコースは、斑尾高原観光協会が発行しているトレッキングマップを参考にしました。
斑尾高原のビジターセンターや周辺の観光施設で売ってるものです。普通の書店で売ってる昭文社の『山と高原地図』よりも詳細なルートが載っています。2万5千分の1地形図が元になっている、見やすい地図です。(『山と高原地図』は5万分の1)


Untitled (by tracye_)
あちこちでフキノトウが顔を出していました。


Untitled (by tracye_)
斜面を半分くらい登った所。かなり視界が開けてきました。遠くの方が霞んでるのが残念。
足下には残雪が多くなってきました。


Untitled (by tracye_)
ここは結構急な斜面。前の人がつけた足跡の上を歩いていきます。下を見ると恐い・・・。もし転んだら下の方まで滑っていきそうです。要ピッケルorストックな感じ。でもどちらも持ってないので、慎重に歩を進めます。
あとで知ったのですが、ここは中級者コースのゲレンデだそうです。どうりで勾配が急なわけだわ。


Untitled (by tracye_)
樹が多くなってきて、ようやく稜線に出そうな感じ。急な所では周りに掴むものがあると安心します・・・。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
登りが一段落ついたところで、稜線の向こうに妙高山。青空が気持ちいい。


Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)
尾根をしばらく歩いた所で、山頂に到着。標高1382m。出発から1時間半。とてもあっさりした山頂の表示で、うっかり通り過ぎてしまいそうでした。
山頂は木に囲まれていて眺めが良くないので、「眺望バツグン!野尻湖が見える!」そうな大明神岳へ向います。


Untitled (by tracye_)
山頂から300mほど山を下ると・・・出たー!この景色!


Untitled (by tracye_)
左が飯綱山、右が黒姫山。そして眼下に野尻湖。写真では霞んで見えないですが、飯綱と黒姫の間に後立山連峰も見えます。(白馬や白馬鑓)


Untitled (by tracye_)
ちょいと右にずらすと妙高山もフレームイン。


Untitled (by tracye_)
ちょうどお昼だったので、この景色を見ながら昼食。ランチパックなのがとても残念。(気圧差でパンパンに膨れてます。)
「山のメシは米だろ!」と思っていて、山での食事はオニギリなことが多いのですが、斑尾のコンビニになぜかオニギリが置いてないというアクシデントがありました・・・。「11時には入荷するよ。」とか言われてもそれじゃ遅いのです・・・。この日一番のショックな出来事でした。


Untitled (by tracye_) Untitled (by tracye_)
昼食のあとは、いったん斑尾山の山頂に登り返し、北側の尾根を下ります。正面に妙高山、左手に野尻湖。なかなか眺望がよろしい。


Untitled (by tracye_)
斑尾スキー場のゲレンデにでました。かなり急ですが、ちょっとザラザラした雪が衝撃を吸収してくれるので、思い切り足を落とせます。


慎重に足をおろす必要がないぶん、ずいぶん早く下りてくることが出来ました。最後の方は走ってましたwもう楽しくてw ぴょーん!と思い切り跳んでも、着地のときにズボッと雪が支えてくれるので、まったく痛くないし疲れないのです。普通これだけ急な坂だと、ヒザがガクガクになっちゃうんですが、雪のおかげでそんなこともなかったです。楽しい下りでしたw


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
斑尾スキー場とタングラムスキーサーカスの分岐。「共通リフト券」がどうのこうのと書いてありましたが、これって両方のスキー場を行き来できるんですねぇ。それは楽しいなぁ。


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)


Untitled (by tracye_)
下ること1時間半。カラマツの林間コースを抜けて、最初の地点に戻ってきました。


初めに山を見たときはテンション下がってましたが、登ってみれば眺望も良くて結構楽しめました。天気が良かったからこそですよねー。雨や曇りだっと思うと・・・。
でも、もし雪が無かったらあのゲレンデの急坂はきつかったでしょうね。転んだら痛いしw 想像するだけでアキレス腱が痛くなってきます・・・。


このあと車で、近くの湿原に向いました。ミズバショウリュウキンカが群生してるそうなのです。続きはまた次回・・・。